釣り用語|Fishing Term


根掛かり

水底の岩礁(根)もしくは漁礁などの障害物に仕掛けや針、ルアーが引っかかること。 「地球を釣る」とも言う。

バリ(アイゴ)

バリ(アイゴ)

(出典:ズカンドットコム)

側扁形(左右に平たい)で体長25cm前後。本州・四国・九州にいるものと、沖縄にいるシモフリアイゴ型がある。せびれ、しりびれに鋭い毒の棘を持つ。本州などのアイゴは、白い細かい斑紋があり、大きいが少ない。

ボラ

ボラ

(出典:ズカンドットコム)

胸鰭の基底に青黒斑点が1個見られ、体側には体背面と同様の色合いである青~緑色っぽい縦線が複数走ることが特徴。また、眼を被う脂瞼は発達しており、分厚い。
日本各地のみならず、サハリン、朝鮮半島、中国、台湾、殆ど全世界の海域にみられる。ただし西アフリカの熱帯域を除く。ボラは、沿岸域の浅所もしくは河川下流域辺りに生息している(参考:ズカンドットコム)。

サンノジ(ニザダイ)

47112

(出典:ズカンドットコム)

幼魚の体は丸みを帯びている。成魚ではやや長くなり、体長40cmに達する。宮城県以南や台湾、岩礁域に生息している。温帯域にも多くおり、幼魚は東北太平洋岸や日本海にも出現する。また、幼魚は潮だまりでもよく見られる。群れでも単独でも見られる。磯釣りでは外道として扱われる。ニザダイ属の魚は太平洋、東部太平洋、東部大西洋に計7種類が知られているが、日本には本種のみ分布(参考:ズカンドットコム)。

ヒラマサ

002548

(参考:ズカンドットコム)

全長1m。ブリと似ているが、上顎後端の上角は丸く、胸鰭は腹鰭より短い。北海道~九州までの各地、伊豆諸島、小笠原諸島に分布。沖縄県ではまれにみられる。また、ピーター大帝湾、インド-太平洋域に分布するが局所的である。沿岸の中層に生息する。
ブリとは対照的に全世界に分布する。ブリとヒラマサは見分けるのが難しいが、世界の他の地域ではブリがいない(参考:ズカンドットコム)。






グレ(メジナ)

グレ(メジナ)

(出典:ズカンドットコム)

体色は暗色もしくは暗緑色であるが、体色や体型などに若干の変異がみられる。一般的に鰓蓋後縁が黒いのはクロメジナとされるが、メジナにも鰓蓋後縁が黒いものがいる。大きいもので体長45cm近くにもなる。
主に本州から九州沿岸の沿岸に生息する。新潟・房総半島以南の各地沿岸から鹿児島、琉球列島や小笠原諸島にもまれにみられることがあり、幼魚は北海道や東北地方にも出現する。
磯に多く生息し、幼魚や若魚は、防波堤の周りにもよく集まる。毎年晩春から初夏にかけては、分布域の各地の潮だまりや流れ藻などの浮遊物の下で、本種の幼魚の姿を見ることができる。また、河川河口の汽水域に出現することもある(参考:ズカンドットコム)。

チヌ(黒鯛)

チヌ(黒鯛)

(出典:ズカンドットコム)

成長によって呼び名が変わる出世魚である。例えば関東ではチンチン-カイズ-クロダイと変わり、関西ではババタレ-チヌ-オオスケとなる。瀬戸内海、特に広島湾での魚影が濃くこの海域のみで日本の2割近くが水揚げされる。関西地方を中心に「チヌ」という別名がよく用いられるが、他にもクロ(東北地方)、ケイズ(東京都)、カワダイ(川鯛:北陸地方)、チンダイ(山陰地方)、チン(九州)、クロチヌなど、様々な地方名がある。ただし「クロ」など、一部の呼称でメジナ類との重複が見られる。






道糸

道糸(みちいと)は、釣り糸のうち、釣り竿の先端から錘までの部分の名称を指す。錘から釣り針までの部分は鉤素(はりす)と呼び、道糸と区別している。ラインとも呼ばれている。
古くは天蚕糸といった、天然繊維が使用されていたが、合成繊維が普及してからはナイロン・ポリエステル・ポリエチレンなどの合成繊維が一般的になった。釣り糸をテグスと呼ぶのは天蚕糸を使用していた時代の名残である。
一般に釣り針の近くの鉤素は目立たないように細い釣り糸を使用するが、道糸は強度を与えるために鉤素より太い釣り糸を使用する。
リールを使用する際、繰り出した道糸の長さを把握しやすくために、一定の長さで色分けされた道糸や、暗くても視認しやすいように蓄光性を与えた道糸など、太さだけでなく様々な外観の製品が販売されている。
道糸は多くの場合は単線維が使用されるが、カジキなどの大型魚を釣る場合には強度を高めるために複数の糸を縒り合わせたロープ状の道糸や金属ワイヤーが使用されるなど、目的に応じた強度の道糸が選択される。

サルカン

sarukan3

(出典:@niftyつり)

糸のヨリ戻しのことでああり、糸の先にサルカンを付けることで、糸がよじれるのを防止する役目を担っている。

ハリス

道糸とハリをつないでいる糸のこと。魚に警戒されないよう、できるだけ細いハリスを用いると良いとされている。しかし、カレイの投げ釣りなど、カレイ自体がハリスなどにたいしてあまり警戒しない魚であるため、根掛かり対策も含め強めのハリスを用いると良い。一般的には、ハリスが細いほど、餌が潮の流れに馴染む。ハリスは、両手を広げた状態の長さx2が最適である。そして、ハリスは巻きグセが付いているため、伸ばしながら取り出すと良い。

円錐ウキの種類

円錐ウキの種類

(出典:海釣り(波止釣り)を始めよう!)

  1. ドングリタイプ…ドングリタイプは、少し上膨れでバランスも良く万能タイプ。オーソドックスな円錐ウキで初心者が揃える最初の円錐ウキだろう。
  2. 円形タイプ…安定感がある円形だがあまり見かけない。一般に円錐ウキと呼ばれるウキの始まりは、このような丸型から始まったのではないだろうか。
  3. 円錐タイプ…波の上下動に強く浮力調整がしやすいので扱いやすい。上部が大きいためどっしり感には欠けるが、視界性はいい。
  4. 逆円錐タイプ…下膨れタイプは水中でどっしりと安定感はあるが、波の上下動には沈みやすく浮力調整が難しい。どちらかといえばトップを沈めた状態での釣りに有効のようだ。上部が小さいため視界性は劣り初心者には向いてないだろう。